「別腹なんです。」を英語で

ちょっと疲れているときに甘いモノっていいですよね。
私も昨晩、カツ丼を食べ食後に、コンビニのモンブランをほおばりました。

甘いモノは別腹とはよく言ったものですが、
この「別腹」という言い方、ピッタリの英語の言葉はありません。

そのまま言えば、「もうひとつ別の胃袋がある。」でしょうか。

“I have another stomach for dessert.”

(アイ ァヴ ゥナダァ ストマッ フォ デザォーッ)

それでもいいかもしれませんが、皆さんだったら
“お腹いっぱいだけど、入っちゃうんだよねえ。”というシチュエーションのとき、

どんな風に「別腹」文化のない人に、照れというか
言い訳というか前置きというかの一言を言いますか?


……


いろいろあるでしょうが、「自分の意思じゃないんだよお。」
なんてことでごまかすようなニュアンスでしょうか。

私がパッと思いついた限りでは

“I don’t want to eat but my stomach orders me to eat desserts.”

(いやあ、僕は食べたくないんだけど、お腹がデザートを食べろって命令するんだよ。)

“20% of my body comes from sweets.”

(僕の体の20%はスイーツでできてるんだ。)

……くだらないことでも、「ホント困ったもんだよねえ。」みたいな表情で言って
あとは、外国人に受け取ってもらいます(笑)。

そのあたり、外国人の方はくだらないジョークも
うまく受け入れて反応してくれますね。

外国人とのコミュニケーションでは、しぐさや表情が結構な役割を果たします。

どんな表情がいいのか、などは、やはり洋画を見ると勉強になります。
リスニング向上のため、と映画を見る人がいますが

私はむしろ、しぐさや表情を見るといいと思います。
外国人を演じてみる、これって英語の上達に役立ちます。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000