「おごってました。」を英語で

衆議院選挙終わりましたね。

何を言っても後の祭りですが、
小池センセーが「排除」 などとのたまわず
「とにかく政権交代!」 と大欲の旗を掲げて

政治もきれいごとだけじゃないだろうし
烏合の衆でも何でもいいから全て呑みこんで臨めば
どうだったのかなあ、と散った夢をまだあきらめきれず、
今さらながらの選挙に絡めた投稿です。

結果として、野党を分裂させてしまいました。

本人も「私自身におごりがあった。」 と。
全くどの面下げて…な気分ですが、

さて、こんな「おごってました。」 を英語でどう言いましょうか?


……


“I was big – headed.”(アイ ゥワズ ビッヘディッ)

よく「天狗になる」 ともいいますよね。
天狗は鼻が大きいですが、英語では「頭が大きい」 です。

うぬぼれ屋さんは大きな頭をユッサユッサ…...
感覚的にわかる気がします。

「うぬぼれてる」「慢心している」、
このあたり、全てこの表現でOKです。

さて今回の選挙の話なんですが
個人的に一番いまいましいのは安倍首相です。

国政選挙まで私物化したこの人のおかげで
足元がビショビショの中、投票です。

野党の足並みが揃わないうちに、なんて
セコい選挙戦略のおかげで

なんでバタバタで準備が整わない各政党の公約の中から
明るい姿が描きづらい日本の大事な未来かかる選択を
強いられないといけないんでしょう。

どこまでこのオッサンに振り回されないといけないのか
全く…くどくどと長くなってしまいます。

最後、エコノミストの浜矩子先生が書いています。

今回、与野党対決という構図の意味は薄れ、
民主対国粋、市民対権力という
対峙の構図が明確になったことは心強い出発点だ、と。

希望の言葉としたいですね。


MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000