「セミが鳴いていますね。」を英語で

お天気が安定しない毎日が続いていますが
それでも晴れ間がのぞけば、ここぞとばかり
あらんかぎりに放たれるセミの鳴き声が響いてくる時期です。

外国人と一緒にいるときに、
ミ~ンミ~ンと聞こえてくることだってあるでしょう。

「セミが鳴いていますね。」英語でどう言いましょう?


……


“A cicada is making sound.” (ゥ スィイダ イズ メイキン ウン)

“cicada” が「セミ」 です。

でも外国人の中にはセミを知らない人もいるし
知っていても日本人のように「夏だな~。」 と情緒を感じることはまずありません。

ですので、「鳴く」 というよりも「音を出している」 という感覚です。
“make sound” です。

ただの音として認識、あるいはうるさい雑音くらいの認識なので
日本人同士であれば、
「セミが鳴いてますねぇ。」「そうですねぇ。」という会話も成り立ちますが

外国人に対してであれば、「(…で?)」 と思われるか
「イエス、うるさいよねえ。」 という反応かもしれません。

ですので、なぜあえてそういうことを
言いだすのかを示すためにできればもう一声。

“We Japanese feel it’s a part of summer. ”

「私たち日本人にはそれは夏の一部という感じなんです。」

“It’s like sound effects of summer for us.”

「私たちにとっては夏の効果音のようなものです。」

というように、外国人も私たちと同じ感覚や常識を持ち合わせていると思うと
ちょっとしたミスコミュニケーションが生まれる場合もあります。

みんな自分と同じ考え、というのは日本人同士でも成り立たない場合も多く
ましてや相手が外国人であれば、なおさらです。

そういう意味で気をつけておきたいのは、
「喜んでくれるはず。」 という気持ちからの「おもてなし」 です。

「おもてなし」 がもてはやされていますが、気をつけていきたい点です。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000