「熱中症に気をつけてね。」を英語で

少し涼しかったおかげで忘れかけていましたが
暑さが戻ってくればまた「熱中症」 が猛威を振るいだすことでしょう。

私浅学なもので勘違いしていましたが
「日射病」とは違って炎天下ではなく
室内でも十分起こりえるのですね。

「熱中症」、すっかり夏の代名詞になってしまった感がありますが
日本の夏の高温多湿ぶりは外国人観光客も
相当に閉口しています。

多くをやり取りすることはできなくても
彼ら彼女らに一言なりとも言ってあげたくなるかもしれませんね。

「熱中症に気をつけてね。」


……


“Be careful of heatstroke.”

(ビィ ケアフ ロブ ーッストロウッ)

“heatstroke” が「熱中症」 です。

“Be careful of ~” で「~に気をつけてね。注意してね。」

暑くない夏もまたさびしい気はしますが
暑さ対策どうぞぬかりなく、お大事に。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000