「向いてますよ。」を英語で

親バカという言葉がありますが、私もご多分に漏れないかと思われます。

息子は格闘技のセンスがあるのでは、と。
息子は弱冠4歳ですので私の思いこみもかなりなものです(笑)。

この年頃の多くのボーイズがそうであるように
ウチの息子も“闘いゴッコ”が大好き。

なのでよく闘いを挑まれるのですが、
どうも相手を効果的に弱らせる術をなかなか心得ていらっしゃる。

下半身へのタックルが速くて
本気で倒れそうになったり、

ウワーッと言って大げさに倒れて
馬乗りにさせるまではいいのですが
喉仏や頸動脈をピンポイントでグリグリ押さえてきたり。

戦隊モノってたしか「オレは~だ!」とか
名乗ったりするもんだと思うんですが、

こちらが名乗ってる合間に
走り寄ってパンチしてきたり。

“闘いゴッコ”ってそんな実戦的でしたっけ(笑)?
まあ息子がどうなのかはさておき、
「向いてますよ。」 って英語でどう言うでしょう?

外国の方が書道だったりお茶をいただいたりなど
日本の文化体験に付き添いをすることもあるかもしれません。

上手なしぐさが見られれば、
一言言ってあげると喜んでくれるのでは。


……


“You’re good for this.”

(ユア グッ ファ ディス)

“You’re good.” でもいいですが
言い方によっては評価を下されてると思う人もいますので
“for this.”をつけた方が
こちらの個人的評価を越えた含みがあるのでいいと思います。

「これ向いてます。」 という
何にでもとりあえず使える言い方ですので

もし具体的に「~に向いてます。」 と言うのであれば
“for ~” の後につけましょう。

例)「格闘技向いてますよ。」
“You’re good for martial arts.”

ボールが投げられれば、オ!? 野球?
絵を描くのに夢中なら、芸術の道!?

など親にやられれば、子どもも大忙しですね。
焦らずいろいろ一緒に楽しんでいければと思います。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000