「カッとなる」を英語で

この戦い、いつまで続くのでしょうか。

加計学園問題に関する政権への追及と、首相以下の欺瞞に満ちた対応です。

与党である公明党からも意見が出ているようです。

「野党にカッとくるのではなく、
野党の質問を通じて国民に理解してもらうという姿勢で
話した方が、国民の理解を得られるのではないか。」

この言葉に尽きていて、国民と向き合うという気持ちがサラサラないのですね。

カッとなるのは誰にでもありうることですが
そのTPOを一国の首相がわきまえていないようです。

国民の気持ち、「忖度」 していただきたいものです。

ところで、この「カッとなる」を英語でどう言うでしょうか?

感情の動きは毎日のことです。
気持ちを表わす英語を知っておくと
「日常英会話」 に役立つことが多いです。


……


“Lose it” (ー ズィッ)

“lose”は 「なくす、失う」 です。

“it” は何を表わしているかを考えるのは詮無い気もしますが、
おそらくは、「自分自身」 といったところでしょう。

「カッとなっちゃった。」 は、“I lost it.”

「カッとしなさんな。」といさめるなら、“Don’t lose it.”

冒頭の話に戻りますが、
人に向けた「地位に恋々としがみついている」という言葉、

それは自分たちだからこそ、
カッとなり、イライラした態度を見せるのではないでしょうか。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000