「限定品に弱いんです。」を英語で

息子の話です。

妻と子供2人で外出して途中でソフトクリームを食べたそうです。

買う際にお店の人が
「バニラと期間限定でメロン味があります。」と言ったところ、

息子はすかさず「限定で。」と答えたそう(笑)。

4歳にして「~で。」という返答もさることながら
ハキハキと限定品に魅かれる、なんだか笑えます。

いろんな限定商品出ていますね。

「限定品に弱いんです。」英語でどんな風に言いましょう?


……


“I have a weakness for limited offer.”

(アイ ハヴァ ィークネス フ リミティファ)

“weakness” は「弱さ」、“limited offer” で「限定サービス、限定品」 です。

「弱いんです。」 は要するに「大好き」 なんですが
「好きなんです!」 だと、ちと味気ない。

“have a weakness for ~” という表現では、

「弱いんです。」に含まれる
「いやあ、いけないかもしれないんだけどねぇ…」という、
まさに“弱さ” が表わせて、

「わかる、わかる。」 「わかってくれる!?」 となって
気持ちが少し通った気になれます(笑)。

私は学生時代、スニーカーが好きでして
ずいぶんと「限定モノ」 にはやられまして(笑)、

はて息子はどうなるでしょうか。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000