「余韻が残ってます。」を英語で

私、長野県飯田市の遠山郷という地にてお茶を育てております。

嬉しいことに今年初めて収穫とあいなりまして
出来上がったお茶を、お世話になっているある方にお持ちしました。

後学のために、とその方に福岡は星野村の緑茶をいただきました。

……うまい。
星野村のお茶は日本一とも評される味とのことで
う~ん、たしかに美味しい。

飲んだ後の余韻がまたいいです。体全体で味わえます。
トップの味を知るのもまた勉強ですね。

こんなときの「余韻が残ってます」 、英語でどう言いましょう?

美味しいものへの感動を伝えあうことができれば
これもお互いの距離を近くしますね。


……


“The aftertaste is echoing through my body.”

(ディ アフタティスッ イゼコインッ スルゥ マイ バディ)

“aftertaste”が 「後味」 、“echo” が「エコー、反響する」です。

「後味が体中をこだましている」といったところでしょうか。
実際、美味しいものの余韻は体中に響き渡ります。

実際のところ、この表現は辞書的には今一つ。
“aftertaste” はあくまで口内のものだし、
“echo”はたいてい音に使います。

でも人の情感は杓子定規にはおさまらない。
表情豊かに言い表せば規格外の表現も十分伝わります。

お茶の話に戻りますと、
さすがに日本一の味にはかないませんでしたが

いくつか飲み比べた結果、
我らがお茶もなかなか健闘していることがわかりました。
嬉しいです。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000