「悔しい!」 を英語で

4歳の息子と遊んでいました。
ボールを上に投げて、その間に頭とほっぺたをタッチして、
落ちてきたボールをキャッチ、という、まあ他愛のないものです。

そのうち息子はハードルを上げました。
頭、頬の次に腹をタッチするというのです。

さすがにそれは難しく、なかなかできません。
すると息子の悔しがり方がハンパない。

「グガーッ」と叫び、顔を真っ赤にし、
寝転がって手足をバタつかせて涙も流す。

悔しがるのは大いに結構。
でも、この遊びで?とは少々(苦笑)。

…「悔しい!」という思いも
外国人と共有できる人間の自然な感情でしょう。

この「悔しい!」 を英語でどう言うでしょうか?

…….......

“Frustrating!” (フゥラストゥレイリンッ)

「フラストレーション」 という言葉はよく耳にしますね。

あくまで個人的な感覚ですが、
「フラストレーション」は不満の原因を外に探すネガティブな気持ち
「悔しい」は向上心に昇華し得る性質をもったもの、

という違いがあるような気がしますが、
「思う通りにいかないために平常心でなくなる」ということで
英語では一緒にまとめられています。

「悔しい」もいろいろですから、
例えば、「よ~し」とさらなる努力を呼び起こす「悔しい」なら

“A little frustrating but it’ll make me work harder.”

(少し気持ちがざわつきますが、おかげでさらに精進できます。)

など補足する必要はありますかね。

さて息子。
奥さんが根気よくつき合い、ついには成功。

どんな遊びだって子どもは真剣なんですね。
半分ほうっておいた自分にちょっと反省でした。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000