「ホロリとさせられる」を英語で

先日新聞を読んでいましたら

学生時代、やんちゃなワルと学級委員にもなっていた優等生、
でもそのアンバランスな二人がなぜか相性が良く、
数十年を経てもなおよく会うほど仲が良い、

というお話(実話)が載っていました。

なんかイイです。いいお話。ホロリとさせられます。

日本人も外国人も同じ人間。
「感動」を知る人への距離や壁はなくなっていくでしょう。

「ホロリとさせられる」を英語でどう言いましょう?


“That touched my heart.”

(ダッ タッチ トゥマイ ハォーッ)

「それがハートにふれた」…と。
日本語でも「心の琴線に触れる」 って言いますよね。
そのあたりの感覚、似ているようです。

笑いのツボは文化の違いが出てくるところはありますが
感動のツボは古今東西それほど違いません。

「ホロリ」のネタは外国人ともいい話題に成りえます。

MAKE FRIENDS YOUR BRAKE ENDS

~英語がうまくなってからじゃない、今だって十分に外国人の友達はできる~

0コメント

  • 1000 / 1000